厚木市、海老名市、伊勢原市、平塚市で建設業許可申請はおまかせください

運営:さがみ行政書士法人

事務所所在地:神奈川県厚木市三田2638番地 2階
受付時間  :9:00~21:00(土日祝日も対応します)

無料相談ご予約はこちら
受付時間 9:00~21:00
土日祝日も対応
046-243-1021

主任技術者、監理技術者とは

建設業の許可を受けている建設業者は、主任技術者または監理技術者を置かなければならないことになっています。

こちらのページでは、主任技術者、監理技術者について詳しく見ていきます。

主任技術者、監理技術者とは、どのような人ですか?

建設業の許可を受けている建設業者は、その工事現場における技術上の監理をつかさどる者として、必ず「主任技術者」か、それに代わる者として「監理技術者」を置かなければなりません。

では、どのような場合に「主任技術者」「監理技術者」を置くことが必要となるのでしょうか?

主任技術者を置かなければならない場合とは?

建設業の許可を受けている建設業者は、元請業者・下請業者のいずれであっても請け負った建設工事を施行するときは、その工事現場における技術上の管理をつかさどる者として、工事現場に「主任技術者」を置かなければなりません。

次の監理技術者との関係でいえば、一般建設業の工事現場ではすべて主任技術者を置かなければなりません。

特定建設業の工事現場では、①下請業者を使用しない場合、②下請業者に4,000万円(建築工事業の場合は6,000万円未満)の工事を下請施行させる場合、③他の建設業者の下請として下請工事を施行する場合には、主任技術者を置かなければなりません。

監理技術者を置かなければならない場合とは?

発注者から直接工事を受け請け負ったた特定建設業者が、その建設工事を施行するために締結した下請契約の請負代金の総額が4,000万円(建築工事業の場合は6,000万円)以上となる場合には、その工事現場における技術上の管理をつかさどる者として、主任技術者に代えて監理技術者を置かなければなりません。

すなわり、監理技術者とは、特定建設業許可業者が元請業者として上記の一定金額以上の工事を下請業者に出す場合に置かなければならない者です。

主任技術者、監理技術者となるための資格は?

主任技術者となるための資格は、一般建設業許可の営業所ごとに置かれる専任技術者の資格と同じです。

監理技術者となるための資格は、特定建設業許可の営業所にごと置かれる専任技術者の資格と同一です。指定建設業の場合には許可基準と同様に、国家資格者または国土交通大臣認定者に限定されます。

主任技術者、監理技術者は具体的に何をするの?

主任技術者の主な職務は、以下のようなものです。

  • 建設工事の施行にあたり、施行計画を策定し、具体的な工事の工程管理をおこなう
  • 建設工事の施行にあたり、工事目的物、工事用資材などの品質管理をおこなう
  • 建設工事の施行にともなう公害災害などの発生を防止するための安全管理をおこなう

監理技術者の主な職務は、以下のようなものです。監理技術者は主任技術者と比べて、より総合的な機能を果たすといえるでしょう。

  • 上記の主任技術者の職務
  • 建設工事の施行にあたり下請業者を適切に管理する

主任技術者、監理技術者を置かないとどうなりますか?

これらのルールに違反して、主任技術者または監理技術者を置かなかった場合には、罰則が適用されることになりますので、十分に注意して下さい。

技術者(主任技術者、監理技術者)の工事現場の専任とは、何ですか?

一定の重要な建設工事工事については、主任技術者または監理技術者は工事現場ごとに専任の者でなければなりません

主任技術者または監理技術者は、請負金額が3,500万円(建築一式工事の場合は7,000万円以上)の「公共性のある施設または多数の者が利用する施設もしくは工作物に関する重要な建設工事」を施行する場合には、工事現場ごとに専任の者でなければとされています。

「工事現場ごとに専任」とは、どのような意味ですか?

「専任」とは、他の工事現場の主任技術者または監理技術者との兼任が認められないということを意味します。

したがって、原則として専任の主任技術者または専任の監理技術者を常時、継続してその工事現場に置かなければならないことになります。

ただし、「密接な関係のある2つ以上の建設工事を同一の建設業者が同一の場所または近接した場所において施工するものについては、同一の専任の主任技術者がこれらの建設工事を管理することができる」とされています(建設業法施行令27条2項)ので、一定の場合には同一の専任の主任技術者が2つ以上の工事現場を兼任することが認められています。

なお、この規定は主任技術者に関する規定であり、監理技術者には適用されるものではないことに注意してください。

主任技術者、監理技術者は直接に雇用されていることが必要です。

また、主任技術者、監理技術者については、直接的かつ恒常的な雇用関係にあることが必要とされています。

この点で、在籍出向パターンの出向社員は主任技術者、監理技術者となることができないので注意してください。

営業所ごとに置かれる専任技術者と主任技術者、監理技術者との兼任は認められるか?

営業所ごとに置かれる専任技術者は、工事現場に配置される主任技術者、管理責任者になることは原則としてできません。

ただし、…準備中

主任技術者、監理技術者と現場代理人とは、どう違うの?

準備中

ご相談ください

・建設業許可の要件を満たしているのか分からない・・
・建設業許可申請に必要な種類が分からない・・

このようなお悩みごとは神奈川県建設業許可申請サポートセンターへご相談下さい

無料相談のご予約はこちら

無料相談のご予約はこちらから

お気軽にご利用ください

神奈川県建設業許可申請サポートセンター
運営事務所:さがみ行政書士法人

お電話でのご予約はこちらまで

046-243-1021

受付時間: 9:00~21:00(土日・祝日も対応)

無料相談のご予約
はこちらから

神奈川県建設業許可申請
サポートセンター

運営事務所:さがみ行政書士法人

お気軽にご利用ください

046-243-1021

フォームでのご予約は24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

さがみ行政書士法人
代表 相馬 義裕

丁寧でスピーディーなご対応を心掛けます。お気軽にご相談ください。

対応地域

神奈川県

■ 厚木市 ■ 愛川町
■ 清川村 ■ 海老名市
■ 座間市 ■ 大和市
■ 綾瀬市 ■ 相模原市
■ 秦野市 ■ 伊勢原市
■ 平塚市 ■ 寒川町
■ 藤沢市 ■ 茅ヶ崎市
■ 大磯町 ■ 二宮町
■ 中井町 ■ 大井町
■ その他、神奈川県全域

 無料相談ご予約ダイヤル

046-243-1021