厚木市、海老名市、伊勢原市、平塚市で建設業許可申請はおまかせください

運営:そうま行政書士事務所

事務所在地:神奈川県厚木市船子607-22
受付時間 :9:00~21:00(土日祝日も対応します)

無料相談ご予約はこちら
受付時間 9:00~21:00
土日祝日も対応
090-1262-4705

建設業許可を取得するメリットとデメリット

建設業許可を取得すると様々なメリットがあります。

反対に建設業許可を取得することにより手続きの負担が増えるなど多少のデメリットが生じます。

こちらのページでは建設業許可を取得するメリットとデメリットについてご説明しています。

建設業許可を取得するメリットとは

建設業許可を取得することによる主なメリットとして、次の4点があげられます。

  1. 大規模な建設工事を請け負うことができる
  2. 対外的な信用度が上がる
  3. 下請工事を受注しやすくなる
  4. 公共工事を受注することができるようになる

 

それぞれについて詳しくみていきます。

メリット(1)大規模な建設工事を請け負うことができる

1件の請負金額が500万円以上の建設工事を請け負う場合には、建設業許可を取得していれば、1件の請負金額が500万円以上の建設工事を請け負うことができます。

このように建設業許可を取得することにより、請負金額の制限なく建設工事を受注・施工することができるようになります。

建設業許可を取得することにより受注の機会を逃すことがなくなり貴社の売上増加につながることでしょう。

なお建築一式工事については1,500万円以上の建設工事について建設業許可が必要とされています。

メリット(2)対外的な信用度が上がる

建設業許可を取得するためには、「経営業務の管理責任者」や「専任技術者」という人に関する要件や、500万円以上の自己資本があるという財産的要件などをみたす必要があります。

建設業許可を取得しているということは、これらの厳しい要件をクリアーしたということであり、貴社が建設業者として一定以上の水準にあることを発注者である民間企業や官公庁などへ対外的にアピールすることができます。

そのため発注者からの信用を得やすく受注の増加につながるといえるでしょう。

 

また銀行や保証協会に対しても同じように信用を得やすくなるので、融資や資金調達の面でもより有利になるといえます。

メリット(3)下請工事を受注しやすくなる

請負金額が500万円未満の建設工事を請け負うのであれば、建設業法との関係で建設業許可は必要とされません。

しかしながら、公共工事においては許可業者である下請業者、孫請業者を使うよう国土交通省が指導しているというこもあり、元請業者が下請業者に発注する際には建設業許可の取得を求められることが多くなっています。

また、建設業許可を取得するための一定の基準をクリアーしていることから、元請業者の信用を得やすく選ばれやすいということがいえます。

メリット(4)公共工事を受注することができる

公共工事を受注するためには、経営事項審査を受けてから入札参加資格申請をおこなうとう一連の手続きが必要となりますが、これらの手続きの前提として建設業許可を取得していることが必要とされています。

建設業許可を取得していなければ経営事項審査、入札参加資格申請をおこなうことはできず、公共工事に入札参加するはできません。

そのため、公共工事の受注を検討されている建設業者様は建設業許可を取得することが望ましいといえます。

建設業許可を取得するデメリットとは

建設業許可を取得すると次のようなデメリットが生じます。

  • 申請手数料90,000円がかかる
  • 建設業許可を取得すると、1事業年度毎に決算報告(決算変更届)をおこなう必要がある
  • 5年に一度の更新手続をおこなう必要がある。更新手続には50,000円の更新手数料がかかる。
  • 一定の重要な事項に変更が生じた場合には、届け出る義務がある

このように建設業許可を取得することにより、手続上の負担や手数料の負担が増えてしまいます。

まとめ 建設業許可を取得するメリット・デメリットの比較

以上のように建設業許可を取得することによりメリットもデメリットも生じることになります。

しかしながらデメリットといえば手続上の一定の負担にすぎず、多少の手間と費用を惜しまなければそれほど大きなものとはいえないでしょう。

建設業許可を取得することにより営業や取引面で有利となり受注の機会も増えるので、費用を回収することができますし、行政書士という専門家に依頼することにより手続き的な負担を省くこともできます。

関連記事もあわせてご覧ください

無料相談のご予約はこちらから

お気軽にご利用ください

神奈川建設業許可申請サポートセンター(厚木市)
運営事務所:そうま行政書士事務所

お電話でのご予約はこちらまで

090-1262-4705

受付時間: 9:00~21:00(土日・祝日も対応)

サイドメニュー

無料相談のご予約
はこちらから

神奈川建設業許可申請サポートセンター
運営事務所:そうま行政書士事務所

お気軽にご利用ください

090-1262-4705

フォームでのご予約は24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

そうま行政書士事務所
代表 相馬 義裕

丁寧でスピーディーなご対応を心掛けます。建設業許可申請について様々なパターンの申請を経験しております。お気軽にご相談ください。

対応地域

神奈川県

■ 厚木市 ■ 愛川町
■ 清川村 ■ 海老名市
■ 座間市 ■ 大和市
■ 綾瀬市 ■ 相模原市
■ 秦野市 ■ 伊勢原市
■ 平塚市 ■ 寒川町
■ 藤沢市 ■ 茅ヶ崎市
■ 大磯町 ■ 二宮町
■ 中井町 ■ 大井町
■ その他、神奈川県全域

 無料相談ご予約ダイヤル

090-1262-4705